So-net無料ブログ作成
検索選択

雨っていいですね~ [日々雑感]

昨日は夕方から大雨。
今朝も少し降っていたので、農作業は無理ですぅ。

ということで、その他のお仕事を頑張りました。
音声起こしのお仕事、これは仕上げだけだったので、チェックして先ほど納品。
法人のお仕事、理事長の原稿校正。先ほどメールで送信済み。
そろそろ校正の仕事も再開するので、登録会社への報告メール。これも済。
久々に会える(のかな?)友達へ、メールで会う場所を確認、済。

おおっ、私ってば働いたじゃん!
という充実感。
1つ1つは大したことなくても、これだけあるとね。

これでやるべきことは終わった、はず。

そうだな、雨も上がったし、午後は畑の様子を見てこよう。
昨日まいた種があの大雨で流されてなければいいんだけど。

ああ、しっかり農業人の私。
畑に出るのなんて好きじゃないけど、もう既に義務感なんですよぅ。

バイト続いてます [学園時代]

息子がバイトを始めて1カ月。
不満は言うけれど、なんとかバイトは続いています。

最初は慣れないせいか疲れがひどかったようですが、この頃はそれほど疲れたとは言わなくなりました。
ただ、やはりトロイというか、本人は頑張っているつもりでも行動がとても遅いので、「さっさとやれ」「素早く動け」というおしかりは多々受けるようです。

学園では今年から就労移行事業を始めたこともあって、先月「就労に向けてのアンケート」が来ました。
息子は「できれば一般就労したい」という意向でした。
私は「一般就労はハードルが高いので、一般企業の障害者枠で」と書きました。
息子は「ハードル高いかな?」と不満そうでしたが、このバイトの経験でなんとなく納得したようです。

決して能力的には劣っていなくても、ある程度理解のある職場でないと駄目。
それが発達障害の人たちだと思います。
特に息子のように、一度メンタルがやられた経験を持っているとなおさら。

バイトはどのぐらい続けられるかわかりません。
一緒のバイトの子とはおしゃべりするようですが、上司(かな?)のおばさんとは合わないそうです。
体を壊してまで続けてほしくないので、メンタル不調が出たら即辞めるように言うつもりでいます。

でも、このバイトがいい勉強になっていることも確かです。
少しずつ自立に向けて進んでいっている…かな?

あ、忘れてた。
息子、先日二十歳になりました。成人です。
何かやると名前が出る年齢になりました。

何はともあれ、めでたい…のかな。

ださい体操着に関する考察 [日々雑感]

娘の高校は制服なしで、服装は自由です。
ただ1つ決まっているのが「ジャージでの登校はしないこと」です。
制服はないけれど、体操着は指定のものがあります。
着替えるのが面倒なのか、それを着て登校している生徒が多かったらしいんです。

息子は隣の高校でしたが、在学中はよく見かけたと言っていました。

でも、今はほとんどいない。

だって、あんなジャージを着て外を歩きたくない!
というぐらいださい体操着なんですよ。

昨日、娘の部活の先輩のお母さんから聞いた情報では
ジャージ登校をさせないためにわざわざださい体操着にしたんだとか。

ああ、すごく納得です。
学校側の思惑は功を奏していますね。

ちなみに、隣の息子の高校のは背中にでかでかと高校名が入っています。すごーくでかでかと。
でもまだ着られるので、学園ではちょくちょく着ていたんです。

学園もジャージ登校不可なんですが、先日の合宿では駅から合宿所まで歩くので、ジャージで駅に集合ということでした。
そしたら息子が「さすがにこれを着て電車に乗りたくない」と言い出しました。
そうだよな、もう高校生じゃないのに高校名しょっているのはいやだろうな。
ということで、息子のジャージを新調しました。

その体操着、そのうち私がもらって着ることにするよ。
恥を知らないおばさんだし。
あ、でも、娘のはもらいたくない。
だって上着の裾にゴムが入っていてすごく着づらそうなんだもん。

ちなみに、どちらの高校の体操服も結構なお値段でした(T-T)



学校生活は [学園時代]

ここしばらく娘が心配で、息子のほうはちょっとおざなりでしたね。
娘も学校に慣れ、部活で忙しい日々を送っています。
親は「部活の日は送迎」という余計な仕事が加わったわけですが。

息子はというと、ついにバイトを始めました!

自分で探してきて、電話をかけ、履歴書を書いて面接に臨み。
全部自分でできたということに、成長を感じました。

まだ始めたばかりなので続くかどうかはわかりません。
学校終わってからのバイトなので、家に帰ってくるのが9時半。
体力が続くかどうかが問題です。

その上に、息子は自転車で駅まで行っているので、
雨のときは親が迎えに行かねばなりません。
夜9時まで待機って、夜の早い私にはつらいものがあるんですよ。
まあ、夫がいるときは夫に頼むつもりですが。

息子の学校生活も充実しているようです。
なんせ後輩ができたんですから。
彼は電車通学にまだ不安があるので、息子が面倒を見ているようです。
先輩として頼られることはうれしいんでしょうね。
「知り合いと一緒だと、電車に乗っている時間の流れが違う」
と言っていました。

今のところ体重も落ち着いているし(まだご飯の量は自分で量っていますが)
このまま何事もなく過ぎてくれればいいなあと
心より願う母なのです。

メッセージを送る