So-net無料ブログ作成

そういうお年頃 [親たち]

今年の年賀状は、「親の介護で・・・」「親が弱ってきて・・・」等々の内容が多かったです。

私だけじゃない。皆さんそういうお年頃。
しょうがないことですよね。 

親の介護が終わったら、ちょっとは楽になるのかな~とか思っていたら、友人のお母さまは、認知症の母親と病気で障害の残った夫の両方を見ているとのこと。

そうきたか!

そこら辺は運を天に任せるしかないよなあ。
自分のほうが先に具合悪くなる可能性もあるし。

まあ、先ばかり見てもしょうがないので、今は足元だけ見ることにします。

義父は思ったほど状態が悪くないので助かりました。
病院での話し合いでメインの服薬をお昼にしてもらったので、お昼時にお薬の様子を見て、あとは1食か2食差し入れをする程度で、今のところは済んでいます。
着替えの手伝いとかはあるけど、リハビリパンツを自分ではいてくれるので、それだけでも助かります。 

あとはデイに送り出す用意と、通院の付き添い。
まだその程度で済んでいるので良しとしましょう。

でも、これだけの変化なのに、体が慣れなくて疲れます。
朝、起きられません。
これが日常になれば疲れなくなるんでしょうか。
なんかとっても心配です。 


お正月らしくないお正月 [親たち]

新年に何の感慨もなく、目の前にある心配ばかりで始まった今年のお正月。

昨年末はお仕事を断ってしまったので体が楽になるかと思ったのに、風邪を引くし、病院通いはあるしで、あまり体が楽だった気がしません。元日早々、着替えを届けに病院に行ったし。

おかげさまで義父は昨日退院しました。

今のところ入院前と同じような状態に見えるので、私の仕事としては、食べさせること、薬を飲ませること、着替えの手伝いぐらいになるのかと思います。今後、状態が悪くなるとどうなるか分かりませんが。

年末年始はカロリー計算しないで食べると言っていた息子も、本日からカロリー計算始めました。
結局、夕飯は私が計算することになりそうです。
義父はとにかく食べる量が少ないので、食事に関する制限はありません。それだけが救いです。

お正月とは言えないお正月が終わり、 去年よりちょっとしんどい日常が始まりました。


寝込めたらいいのになあ [親たち]

咳がとまらず、火曜日に医者に行って薬を出してもらいました。
薬局に行ったら、「先月と同じ薬が出ていますね。先月から風邪が続いているんですか」と聞かれました。そういえば先月も風邪薬もらったっけ。もう記憶もおぼろです。

しっかり寝込めば治るとは思うのですが、それがなかなか難しい。
火曜の夕方は実家の母に夕飯を食べさせに出掛け、水曜日は義父の退院のための話し合いに出掛け、その合間に倒れるように寝ていました。

昨日もお正月の買い物ついでに義父のところへ寄ってきました。一日ゆっくり休める日はなかなかないのが現状です。
でも、薬のおかげか咳は治まってきました。ひどいときは本当に苦しい咳の発作が続き、腹筋が痛くなったくらいです。 

本日はおせち用の煮物を作り、お供えと正月飾りを買いに行かねばなりません。

来月3日には義父が退院してくるので、お正月もゆっくりはできません。
せめて元旦はゆっくりしたいと思っているのですが。
どうなることやら。 


仕事したいなあ [親たち]

義父の入院から10日以上、お仕事していません。
でも、風邪っぽいし、疲れはとれないし、体調は良くなりません。

お仕事したいなあ。
疲れても、あの緊張感は必要だよね。

あさってには義父の退院に向けての話し合いがあり、退院の日程が決まります。
退院したらしたで大変なんだろうけど、毎日の病院通いがなくなるだけましかもしれません。

幸いなことに、義父は食事を制限されませんでした\(^o^)/

腎臓が悪い、糖尿病、高血圧とそろっていたので、食事制限を覚悟していたのですが、それほどひどくはなかったようです。

でも、食の細い義父に何とか食べさせるのが私の役目になりそうです。
朝昼晩と食事の用意。
これも仕事だと思ってやるしかないですね。

まあ、お正月は病院で過ごしてもらえそうなので、その点はラッキーです。

年末年始は羽を伸ばしましょう。

そのあとは・・・どう考えても今より大変になるのですから。 


いよいよ本格的介護に [親たち]

先週は怒濤の一週間でした。

通帳騒ぎがあった翌々日、義父が倒れて入院しました。
朝早くから救急車呼んで、ずっと付き添って、夕方まで。

「一応落ち着きましたが、年が年だから急変もあり得ます」とのドクターの言葉に焦って、持っていた仕事を全てキャンセルしました。 

幸い、1週間たった今でも急変はなく、順調に回復しています。

ただ、毎日の病院通いが加わったため、仕事がないのに私の疲れは取れません。
まあ、遅れていた冬支度なんかをやっているので、そのせいもあるでしょうけど。

義父の認知症は退院後、今以上に進むだろうと最初に言われています。
昨日はソーシャルワーカーの方と今後の計画について話しました。
ちょうど介護更新中だったので、たぶん介護度も上がるでしょう。

義母の認知機能も衰えが激しいので、こちらも介護申請中です。
義父の世話はまず無理でしょう。
必然的に食事の世話は私の役目になります。 

ついに来たかという感じです。今まで楽をしてきたのだから、文句を言っては罰が当たりますよね。

やさしい息子が「お母さん大変そうだから、僕のカロリー計算はしなくてもいいよ」と言ってくれました。
これで食事も少しは楽になるかもしれません。
ありがとう、息子よ!

退院がいつになるか分かりませんが、どちらにしろ疲れる日々が続きそうです。 

 


これはもう犯罪! [親たち]

ちょっと怒りが収まらないので書いておきたいと思います。
(すみません。文章長いです)

うちは二世帯住宅です。基本的に母屋には義父母が暮らしています。
同じ敷地内とはいえ、生活は全く別々です。

今年になって義父の認知症が進行しました。
ほぼ正常な判断はできない状態です。
そして義母はもともと常識がわからない人間です。義父が運転できなくなった頃から、義母の通帳は私が預かって、「幾ら下ろして」と言われると「はいはい」と下ろしにいっていました。

そんな義父母は数年前からファンド(?)ぽいものをやっていたようです。
義母いわく「お金がいっぱいになって返ってくる」とのことで、内容は全然わかりません。
義父の認知が進んだ頃から、そのファンドの集金に来るSさんが、義父の通帳から勝手にお金を下ろしてファンドに入れるようになりました(本人の保険証を持って、家族が付いていけば下ろせるそうです)。
何度も義母に意見したのですが、「あの人は大丈夫だ」と、聞く耳持ちませんでした。
 
先日は介護認定のついでに役場の人にも相談したのですが、そのファンド自体は違法性が見つからず、問題はどうもその集金に来るSさんらしいということになりました。

そして、しばらく前から義母が、渡したはずの印鑑を「どこかになくした」と言うようになりました。「一緒に印鑑変更に行こう」と言っても、「Sさんに言えば下ろしてくれるから行かなくてもいい。とにかく通帳をくれ」と何度も言われました。
「印鑑がなければ、誰だってお金は下ろせないよ!」とはねつけていましたが、親戚に不幸があり、「どうしてもお金が必要だから通帳を出してくれ」と言われ、どうせ印鑑がなければ下ろせないから、Sさんもお手上げだろうと思って通帳を渡したんです。

そうしたら!!!

そのSさんが来たとたんに、印鑑が出てきたんだそうです。
「そこの引き出しに入れておいたのを忘れていたんだ」って、誰がそんなこと信じられるかっ!

それはまだいい。そのうそはまだ許すとしよう。

Sさんに通帳と保険証を渡して、お金を下ろしてもらったそうです。
 
そのあと!!!
 
そのあとすぐに「通帳と印鑑、保険証を返して」と言ったら、どこにいったかわからなくなったと言うのです。
「そんな大事なもの、なんですぐになくせるのよ!」と騒いでいたら、その場にいたSさんは「大変そうだから、俺はそろそろ帰るわ」と言いだしました。
「あなたが持っていたものなんだから、見つかるまでいてください!」と言ったら、
「お客に向かってなんて口の利き方するんだ!」と逆切れされ、やくざみたいな口調ですごまれました。
いや、本当に立ち上がってすごむんです。
私、ここで手を出されたら警察に電話しようと思ってました。その場に夫もいて、私以上に怒っていたので心強かったのもありますが。

そんなやりとりを散々したあげく、「おまえらがいなくなれば出てくるかもな」と言われ、夫を促してわが家へ帰りました。
そのあと義父母とどんなやりとりがあったか知りませんが、あとで夫が行ったときには「神棚に置いてあった」と言って、通帳と印鑑を渡されたそうです。
ちなみに保険証は、騒ぎの最中に私が「これじゃおばあちゃんの予防注射に行けないじゃない」と叫んだあとに出てきました。Sさんがポケットから出したところを見たと夫は言っています。

Sさんは義母の保険証、印鑑、通帳を持ち帰るつもりだったのではないかと思っています。
自分の好きに下ろせる通帳ってすごい魅力ですよね。
未遂に終わったので犯罪は証明できませんが、義母がその人にそそのかされて私にうそをついていたことは明白です。

そりゃ、嫁なんか信じられないかもしれないけどね。
少なくともあなたのお金を取ろうとしたことはないよ!
そんな人信じてどうするのよ!
昨日も大金下ろしてあったけど、自分で受け取った金額調べたの?
通帳と付き合わせて合ってた? そんなこともいてないんでしょ。

もう腹が立って、腹が立ってしょうがありません。

通帳と印鑑はなんとか私のところに戻ったので、これは死守します。Sさんには二度と渡さない!

こういう認知症の年寄りにつけ込む人って本当にいるんですね。
それもこんな田舎に!(ちなみにうちの村の人ではありませんよ)

親が年寄りだけで暮らしている方は本当に気を付けてください!!



何とか1週間が終わりそうです [親たち]

自分の体調も少しずつ戻っている気がするけど、今週もまたハードでした(精神的にも)。

義父の心療内科受診と、義母の介護認定のための聞き取りは予定していたんです。
それだけでも気が重くて、どうしても気が沈みがちだったんですがね。

案の定、息子もハイ状態が終わり[バッド(下向き矢印)]となって、また大学がどうのと言い出しました。
この人が「やっぱり大学へ行きたい」と言い出したら、状態が悪くなった証拠。
またあのぐちぐちが始まるのかと思うと、それだけで気が重い。

加えて、診療所から義父の介護認定のための意見書を書くから、本人が駄目なら私に受診しろというお電話。
加えて、義父の姉が危篤状態なのでお見舞いに行きたいという義母。

もー、私のキャパは限界よ~。

幸い、お見舞いのときは夫がいてくれたのと、義父が「行かない」と言い張ったため助かりましたが。
義父・義母を私一人で病院に連れて行くなんて絶対無理!
でも、義母は平気でそれをやらせようとしていました。

その義母の介護認定の聞き取りに役場の人が来てくれました。要支援が取れそうな感じです。
ついでに心配だったことも相談できたので良かったです。

一番心配していた義父の受診ですが、長時間待たされたにもかかわらず、おとなしく受診してくれました。
こちらも終わって一安心。
その後薬局に行って薬の袋詰めをやっていただきました。今週薬局も2度目。

このいろいろ、いろいろの合間に仕事を1つ片付けた自分を褒めてやりたい!

ということで、今週末は仕事はなしです。

本日は息子の学校の文化祭を見に行きます。
息子が一生懸命つくっていた木工作品。その成果を見るのが楽しみです。

 


ばてばて、精神的にもね [親たち]

ずっと寝たり起きたりの状態が続いている感じです。

先週末に仕事を頑張っていたら、水曜、木曜と寝込んでしまいました。
今週末も仕事があるのですが、きっちり休むことにしました。

それに加えて、精神的な疲労がちょっと・・・。

まず、義父が相当いけなくなりました。
ここ1カ月で相当認知症が進んだようです。
先月はかかりつけの医者に行って、「そろそろ専門医に診せたほうが・・・」という言葉を無視され、そのままになってしまいましたが、もうそんなことは言っていられない! 実家の母が診てもらっているクリニックを予約しようと思っています。

義父が夜中に歩き回ったり、排泄介助のために義母も結構参っているようだし。
今度はこちらの方が心配。

それに加えて、実家の母がまた救急車騒ぎを起こしました。
デイケアに行っているときに気を失ったんだそうです。
検査で何も出ず、入院は免れましたが、これで2度目です。
家で気を失ったのを入れると4~5度目かな。

こちらも目が離せなくなってきたので、何とかしなくてはいけません。
入院となれば、仕事を持っている妹に任せきりにはできませんし。

息子もこの1週間ハイの状態が続いているので、そろそろ危なそうな気がするし。
(1週間で3日もイベントがあって計算しないで食べていた)

まず自分の立て直しが先決、とは思うけど、なかなかね。
明日かあさってに、義母がなくした銀行印を新しくする手続きに行かなくてはならないし。
(私が預かっていたものを、自分で使うと言って持っていってなくした)
義父の受診も付き添って。
12月に入ってすぐに息子の受診にも付き添わなくては。

仕事したいです。
なんの憂いもなく、仕事に打ち込みたい。
でも、もう2件も断ってしまった[もうやだ~(悲しい顔)]

体調も優れないせいか、 思考が暗くなりがち。

まずは自分が元気にならねばね!

今日はゴロゴロするぞ~。 


また呼び出しが [親たち]

昨日はお昼過ぎから息子の受診付き添いで長野まで行くので、午前中はちょっとゆっくり過ごそうと思っていました。
前日まで農作業が続いていたので、ちょっと体力的に心配な状態だったので。

と・こ・ろ・が!

こういうときに限って実家の母から電話。
まるで要領を得ない話なんですが、「どうしたらいいか分からない。来てくれ」と。

無理をして行ってはみたんですが、結局どうということはなく、愚痴の相手になってきただけ。
しかも同じ話を何度も、何度も。
外で稲刈りの作業車の「ピー、ピー」という音がしていたのですが、「電話機が外れていないか見てくれ」と、それも何度も何度も。

妹が愚痴りたくなる気持ちがよく分かりました。
このところ私が相手をしたときは午後だったので、比較的まともだったんですよね。
どうも朝からお昼までが調子が悪いらしい。

しょうがないことではあるんですけどね。
将来は私もそうなるかと思うと、ちょっとブルーになっちゃいます。

うちの義父は今日もデイへ行くのを嫌がって、風邪だといってベッドから出てきません。

手が掛かる人たちばかりです。

しょうがないんですけどね。

ちなみに、昨日はやっぱり疲れがひどくて、帰りの運転が非常に危なかったです(注意力散漫になって)。
今日は自主的にぐーたら主婦したいです。
というか、たぶん今日も農作業やったら、私は寝込むと思います。

絶対休む! 

 


パトラッシュ僕はもう… [親たち]

義父はけさ、具合が悪いと言い出しました。

前回のデイケアの日も具合が悪いと言うので、一応休ませましたが、実はそれほど悪くもなかったようです。
翌日には普通に整形外科に行きましたし。

なぜかデイケアの日になると具合が悪くなるらしい。

学校行きたくない子供かい!!

と思ってしまいましたが、先月は本当に骨折していたしなあ。
あまり信用しないのもなんだからと思って、前回は休ませたんだけどね。 
このままじゃ、デイへ行かなくなってしまいそうなので、
「無理だったら迎えに行くから」と言って送り出しました。

そのため、畑には出ずにパソコン仕事してます。
(農作業で機械を使っていると電話に気付けないので)

不登校の子どもは本当におなかが痛くなるそうです。
精神的な問題で。

だから義父のそれが仮病だとは思いませんが、うーん、デイの日だけだからなあ。

娘が先日、「おじいちゃんの相手をしてると、ラスカル、僕はもう疲れたよって言いたくなる」と言っていました。
友達の間ではやっているらしい。昔々のアニメの名台詞が今でも使われているんですね。

そして私も言いたい。

パトラッシュ、僕はもう疲れたよ。(朝から疲れて)何だか眠いんだ。

何とか気力を振り絞り、音声起こしの仕事を進めます。
農作業は明日に延期です。 


メッセージを送る